車検の相見積りで値引き交渉

スポンサードリンク

相見積りで車検費用を値引き交渉で安くする

スポンサードリンク

 

商品の購入や、サービスの提供を有料で受ける場合に相見積りによる値引き交渉は、価格を安くするための基本です。

 

管理人が「相見積り」=価格の比較での値引き交渉で真っ先に思いつくのが電化製品です。皆さんも価格比較サイトで商品の価格をチェックして、ヤマダ電機やビックカメラなどの量販店を回って、価格をチェックしながら値引き交渉をした経験があると思います。

 

車検業界も競争は熾烈で、先に述べたようにディーラーのセールスマンによる「菓子折り」付の営業攻勢で、私自身の車検予約を頂いていたお客様を持って行かれた話からも、競争の激しさを分かって頂けると思います。

 

車検て値引きをしてもらう事が出来るの?と思われる方もおられるかもしれませんが、他店との「相見積り」による価格比較の値引き交渉が車検でも有効なのです。よく電化製品の量販店では「安心価格保証」と銘打って、「当店より価格が安い、他店の見積書を提示すれば、同値以下しますよ」というサービスはご存じかと思います。

 

この家電量販店の「安心価格保証」と同じサービスを全面に押し出しているのが「コバック」で、コバックのホームページを見てみると、「ロープライス保証」の名称で、コバックよりも安い車検の見積りを持参すれば、その価格10%OFFで車検を提供することを謳っています。

 

その他の車検取扱い店でも、値引き交渉に応じてくれる可能性は充分あります。
ポイントは、家電であれば商品が「製品」であるために、商品名が一緒であれば「同一品質」で問題ありませんが、「車検」の場合は「技術料」が大部分であり、取扱店によって点検、整備の内容が変わってくるため、金額のバラつきがあることを理解した上で、「同等の内容の車検業者」同士の比較で、値引き交渉をすることです。

 

どういう事かと申しますと、「ユーザー車検代行業者」と「ディーラー」の比較で価格交渉をしたところで、片方は車検を通すだけで、片方は24ケ月点検と整備もした上で、場合によっては「整備保証」が付く場合もありますので、価格差が発生しても当然です。比較で価格交渉をするのであれば、「ディーラー」なら同じメーカーの違う系列「ディーラー」とで相見積りを取り、「車検フランチャイズ店」なら違う系列の「車検フランチャイズ店」同士で相見積りを取るのです。

 

「ガソリンスタンド」同士での値引き交渉、「カーショップ」同士での値引き交渉でも、成功の事例をよく聞きます。具体的には、「同じガソリンスタンドの●●で車検の見積もりを取ったら、8,000円程向こうが安いので、車検の内容を同等にしてもらって結構なので、値引きをお願いします。お店の雰囲気や対応してくれた方もこちらの方が印象が良かったものですから。」と言うように、ごう慢な態度で値引きを要求するのではなく、「内容は同等にしてもらっても良い事」、「こちらのお店でお願いしたい理由」(出来れば褒め言葉)を述べた上で、最終的な障害が「価格」であることを告げるのです。

 

また、「主人がこちらでお願いしたいと言っている」とか「嫁さんが、向こうより8,000円高いと言うので」と言うように、夫婦同士の連携プレーも効果的で、私自身が、これで結構やられています。価格で対応できなくても「オイル交換サービス」であったり、洗車だけでなく「コーティングをサービス」などの他の好条件を提示されることもあります。

整備士の管理人も使用して納得!101,250円の車検費用が57,990円になった!

【楽天車検】

【カーセンサーnet】

【楽天車検】は「楽天株式会社」が運営する車検見積りサイトで全国各地の認証、指定工場からガソリンスタンド、車検専門フランチャイズ店まで、検索できる工場の豊富さが特徴です。


見積りの上、車検を実施すると楽天スパーポイントが500ポイントもらえます。依頼先によっては1500〜3000ポイントに増額の場合も!

詳細は整備士も驚き!車検が43,260円も安く!

今すぐ【楽天車検】で見積りの方はこちら!

【カーセンサーnet】は「リクルートグループ」が運営する車検見積りサイトで、全国各地のサービスステーションから大手車検専門店まで幅広い業者が登録されているのが特徴です。


依頼の後に見積りと来店を勧めるメールが来ましたが、お断りの返信をすると、それ以上の営業はありませんでした。

詳細は整備士も納得!車検が42,110円も安く!

今すぐ【カーセンサーnet】で見積りはこちら!

管理人が実際に【車検見積り】を行ってみまた。
>>整備士が実践!【車検見積り】比較で一番安い車検はここ!