ユーザー車検の検査ラインに挑戦

スポンサードリンク

検査ラインの検査測定の流れ

スポンサードリンク

 

それでは車検当日のラインの検査についてご説明します。

 

検査当日は、検査ラインに入るまでに、車の下廻りをコイン洗車場などで、ジェットスプレーを使って、きれいに洗っておいてください。車検を受けるための「エチケット」であり、汚いままだと検査官の印象が悪くなります。

 

ホイールカバーが装着されている車の場合は、ライン検査の車列に並ぶ前に外しておきます。ホイールナットの緩みが無いかの点検が出来ないためです。

 

まずは、ユーザー車検の受け付の窓口に必要書類に手数料と重量税の印紙を貼った上で提出し、検査票に受付印を押してもらいましょう。書類一式を返却してもらったら、よいよ検査ラインの入り口まで車を回し、最後尾で順番を待ちます。

 

よいよ順番です。「検査ライン」のブロックごとに、検査手順をご紹介します。
検査場によって、順番が変わる場合もあります。

 

第一ブロック

 

同一性の確認
.車台番号が申請書類と同じか
.原動機(エンジン)型式が申請書類と同じか
.番号標板(ナンバー)が申請書類と同じか
.種別が申請書類と同じか
.用途が変更されていないか
.車体の形状が申請書類と同じか

 

外観検査
車わく・車体、乗車装置、保安装置、走行装置、灯火器類などについて、検査用ハンマーや目視によって外観検査を行います。

ポイント

第一ブロックのポイントはラインに入る前にホイールカバーの付いている場合はホイールカバーを外しておくことです。ホイールナットの緩みの点検が出来ないからです。

 

室内は、発煙筒の有無と有効期限のチェック、シフトレバーのシフトパターン、シートベルトの状態、メーターパネルの警告灯の球切れ、走行距離のチェックがあります。

 

前の席のサイドウインドウを下げたままだとフィルムを貼っているかどうかが分からないので一度上げることを指示されます。

 

灯火、ホーン、ワイパー、ウオッシャーの作動確認は検査官の指示に従って操作しますが、エンジン停止状態ですので、イグニッションキーをONにしないとホーン以外は作動しません。

 

第二ブロック

 

A.サイドスリップ検査
■かじ取車輪整列

 

B.ブレーキ検査
■制動力測定

 

S.スピードメータ検査
■速度計誤差

 

H.ヘッドライト検査
■照射光度 ■向き

ポイント

サイドスリップ検査は人が歩くスピード位でゆっくりと進入して、最後までハンドルは動かさずに真っ直ぐに通過します。

 

ブレーキ検査は、上部の掲示板の指示にしたがって、ペダルは強く早く、ハンドブレーキもロックと解除は素早く行います。タイミングがずれると不合格になる場合もあります。

 

スピードメーター検査は、徐々にスピードを上げて行き、40Km/hに達したらライトをパッシングで知らせます。これもタイミングがずれると不合格になります。

 

ヘッドライトの検査は上向きで検査をします。ポイントは4灯式の場合はロービーム側を隠さないとハイビーム側の光軸を正確に測定が出来ません。

 

最後に判定結果を記録器で「自動車検査票」に記入します。

 

第三ブロック

 

X.排気ガス検査
■一酸化炭素 ■炭化水素

 

 

ポイント

エンジンはかけたままでギヤはパーキングにして、サイドブレーキをかけておきます。

 

ユーザー自身で、プローブ(測定する棒状の機器)をマフラーに入れて排ガス濃度の測定を行います。
ポイントはプローブをマフラーの奥まで入れすぎない事です。

 

最後に判定結果を記録器で「自動車検査票」に記入します。

 

第四ブロック

 

P.下回り検査(ピット方式)
■かじ取装置 ■緩衝装置 ■制動装置 ■原動機
■動力伝達装置 ■車わく・車体   ■排出ガス発散防止装置
■燃料装置 ■電気装置 ■走行装置

ポイント

検査官が車両を地下ピットからハンマーにより各部のポルト、ナットの緩み、取り付け状態を確認します。

 

頭上の掲示版と検査官の指示に従って、以下の操作を行います。
「ハンドルの遊び」:ハンドルを左右に動かす。
「ブレーキを踏む」:ブレーキを操作する。
「サイドブレーキを引く」:駐車ブレーキを操作する。
「クラッチを踏む」:クラッチペダルのある自動車は操作する。

 

最後に振動テストがあり、車体が激しく揺れます。

 

検査終了後に判定結果を記録器で「自動車検査票」に記入します。

 

第五ブロック

 

総合判定
■書類審査と総合判定

 

 

ポイント

各検査項目の結果を記録した「自動車検査票」と残りの書類を提出して、すべて合格であれば完了印を押してもらい、継続受付窓口で新しい自動車検査証の交付を受けます。

 

不合格の項目があれば、直して再検査を受けることになります。

整備士の管理人も使用して納得!101,250円の車検費用が57,990円になった!

【楽天車検】

【カーセンサーnet】

【楽天車検】は「楽天株式会社」が運営する車検見積りサイトで全国各地の認証、指定工場からガソリンスタンド、車検専門フランチャイズ店まで、検索できる工場の豊富さが特徴です。


見積りの上、車検を実施すると楽天スパーポイントが500ポイントもらえます。依頼先によっては1500〜3000ポイントに増額の場合も!

詳細は整備士も驚き!車検が43,260円も安く!

今すぐ【楽天車検】で見積りの方はこちら!

【カーセンサーnet】は「リクルートグループ」が運営する車検見積りサイトで、全国各地のサービスステーションから大手車検専門店まで幅広い業者が登録されているのが特徴です。


依頼の後に見積りと来店を勧めるメールが来ましたが、お断りの返信をすると、それ以上の営業はありませんでした。

詳細は整備士も納得!車検が42,110円も安く!

今すぐ【カーセンサーnet】で見積りはこちら!

管理人が実際に【車検見積り】を行ってみまた。
>>整備士が実践!【車検見積り】比較で一番安い車検はここ!

ユーザー車検の検査ラインに挑戦関連ページ

事前に下見をしよう
車検に落ちてしまった時は