カーディーラの車検

スポンサードリンク

カーディーラーの車検

スポンサードリンク

 

ディーラーはトヨタや日産などの看板を掲げて、メーカーの自動車を販売しながら、メンテナンスも行っており、「分解整備」を行う工場として大方は「指定工場」の資格を有していますが「認証工場」の場合もあります。

 

以前の景気の良い時期は、新車の販売一辺倒でしたが、現在は車検にも力を入れており、セールスマンにもノルマが課せられている場合も多く、私もお客様から車検の予約を頂いていたのですが、某ディーラーのセールスマンの菓子折り付の猛烈な営業攻勢で、車検を持って行かれた経験があります。

 

ディーラーの車検の特徴はパック料金制が取られていることが多く、一般的に30,000円〜50,000円の点検、調整、整備料金が相場となっており、これが高いか安いかの判断は難しいのですが、一般の方で「次の車検までの2年間の安心料」と思えば安いのかもしれませんが、私の様に、車の知識がある人には割高に思えるでしょう。

 

私も若い時に、某ディーラーの販売協力店でメカニックの経験がありますが、距離数と年数管理で、使用出来そうな部品でも交換するのを徹底していました。私からすると、「過剰整備」と言いたい所ですがメーカーの看板を背負っている以上、車検の後に直ぐに故障をしたり、「整備保証」を付けている場合は、「予防整備」の観点からも仕方がない部分もあります。

 

メーカー直系だけあって、自分の所のメーカーの車であれば情報も豊富ですし「サービスキャンペーン」や「リコール」などもスピーディーに対応できます。また自社の専用テスターを持っているので、測定診断も正確ですし、前モデルのプリウスの様に専用機器を接続しなければブレーキフルードが交換出来ないなど、その自動車特有の整備の仕方が必要な場合もあり、この場合はディーラーがやはり有利でしょう。

 

車検費用が高いディーラー車検ですが、最近は「90分車検」など、初回車検は点検と一部の軽整備で低価格の車検を提供するディーラーも出てきています。

24ケ月点検・整備費用の目安 車検の時間 特徴
30,000円〜 1日 パック制・整備保証・メーカー車に精通

整備士の管理人も使用して納得!101,250円の車検費用が57,990円になった!

【楽天車検】

【カーセンサーnet】

【楽天車検】は「楽天株式会社」が運営する車検見積りサイトで全国各地の認証、指定工場からガソリンスタンド、車検専門フランチャイズ店まで、検索できる工場の豊富さが特徴です。


見積りの上、車検を実施すると楽天スパーポイントが500ポイントもらえます。依頼先によっては1500〜3000ポイントに増額の場合も!

詳細は整備士も驚き!車検が43,260円も安く!

今すぐ【楽天車検】で見積りの方はこちら!

【カーセンサーnet】は「リクルートグループ」が運営する車検見積りサイトで、全国各地のサービスステーションから大手車検専門店まで幅広い業者が登録されているのが特徴です。


依頼の後に見積りと来店を勧めるメールが来ましたが、お断りの返信をすると、それ以上の営業はありませんでした。

詳細は整備士も納得!車検が42,110円も安く!

今すぐ【カーセンサーnet】で見積りはこちら!

管理人が実際に【車検見積り】を行ってみまた。
>>整備士が実践!【車検見積り】比較で一番安い車検はここ!