車検の受けられる期間は

スポンサードリンク

車検が受けられる期間は?

スポンサードリンク

 

車検はいつから受けることができるの?
答えは、「いつでも受けることが出来る。」になります。

 

その気になれば毎日でも受けることは出来るのですが、車検を受けるごとに、自動車重量税を納めないといけませんから、非現実的な話になってしまいます。

 

一般的には車検有効期限の最終日の1ヵ月前から有効期限最終日までに受けるのが普通です。たとえば今年の7月10日が車検の有効期日とすると、6月10日〜7月10日までに車検を受けることになります。

 

車検有効期日の1ヵ月前から有効期日までに受験した場合は有効最終期日から2年間の車検期間で更新されますが、それ以外の場合は、車検を受けた日から2年間の更新となってしまうので注意が必要です。

 

例) 車検有効期限が今年の7月10日の場合、6月10〜7月10日の間に車検を受けると、次回の車検終了の期日は2年後の7月10日になりますが、1ヵ月よりさらに前の、5月10日に車検を受けると2年後の5月10日までの車検終了期日となってしまうので、2ヶ月間の車検有効期間を損した事になってしまいます。

整備士の管理人も使用して納得!101,250円の車検費用が57,990円になった!

【楽天車検】

【カーセンサーnet】

【楽天車検】は「楽天株式会社」が運営する車検見積りサイトで全国各地の認証、指定工場からガソリンスタンド、車検専門フランチャイズ店まで、検索できる工場の豊富さが特徴です。


見積りの上、車検を実施すると楽天スパーポイントが500ポイントもらえます。依頼先によっては1500〜3000ポイントに増額の場合も!

詳細は整備士も驚き!車検が43,260円も安く!

今すぐ【楽天車検】で見積りの方はこちら!

【カーセンサーnet】は「リクルートグループ」が運営する車検見積りサイトで、全国各地のサービスステーションから大手車検専門店まで幅広い業者が登録されているのが特徴です。


依頼の後に見積りと来店を勧めるメールが来ましたが、お断りの返信をすると、それ以上の営業はありませんでした。

詳細は整備士も納得!車検が42,110円も安く!

今すぐ【カーセンサーnet】で見積りはこちら!

管理人が実際に【車検見積り】を行ってみまた。
>>整備士が実践!【車検見積り】比較で一番安い車検はここ!