車検が切れている場合は

スポンサードリンク

車検が切れている場合は

スポンサードリンク

 

車検が切れてしまった車の場合はどうすればよいのでしょうか?

 

現実問題として、車検が切れている車で、公道を走ることはできません。ちなみに、車検の切れた車で公動を走った場合の罰則は「道路運送車両法」違反となり「無車検車運行」と言う違反で、「違反点数を6点付加」(一発で30日の免停)と罰則は「6か月以下の懲役または30万円以下の罰金」と厳しい処分を受けます。

 

また自賠責保険も切れている場合は「無保険車運行」となってしまい「違反点数6点付加」と「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」に処せられることになって、合算12点(90日の免停)と「1年6か月以下の懲役または80万円以下の罰金」と大変重い処分になってしまうのです。

 

以上のことから、車検を切らしてしまった場合は車を乗らずに、ディーラーか、修理工場に依頼する方が手間がかかりません。しかし自分で車検を受けたい場合の臨時に車を運転できるようにする方法をご紹介します。

 

自分の住んでいる市町村役場に行き「仮ナンバー」を申請すれば、4〜5日の期限付きで、自動車を動かすことが出来ます。なお申請には、車検証、動かす期間をカーバーする自賠責保険の証書、印鑑、運転免許証(身分証明書)が必要になりますので、忘れないようにしましょう。窓口で申請用紙に使用目的、走行経路など必要事項を記入の上、手数料750円(手数料は市町村によって変わるかもしれません。)を添えて申請すれば、臨時ナンバーを貸してくれます。

 

これで陸運支局まで自走して検査を受けることも可能になりますので、ユーザー車検で「車検切れの車」を通そうと思われている方は、チャレンジしてみて下さい。

整備士の管理人も使用して納得!101,250円の車検費用が57,990円になった!

【楽天車検】

【カーセンサーnet】

【楽天車検】は「楽天株式会社」が運営する車検見積りサイトで全国各地の認証、指定工場からガソリンスタンド、車検専門フランチャイズ店まで、検索できる工場の豊富さが特徴です。


見積りの上、車検を実施すると楽天スパーポイントが500ポイントもらえます。依頼先によっては1500〜3000ポイントに増額の場合も!

詳細は整備士も驚き!車検が43,260円も安く!

今すぐ【楽天車検】で見積りの方はこちら!

【カーセンサーnet】は「リクルートグループ」が運営する車検見積りサイトで、全国各地のサービスステーションから大手車検専門店まで幅広い業者が登録されているのが特徴です。


依頼の後に見積りと来店を勧めるメールが来ましたが、お断りの返信をすると、それ以上の営業はありませんでした。

詳細は整備士も納得!車検が42,110円も安く!

今すぐ【カーセンサーnet】で見積りはこちら!

管理人が実際に【車検見積り】を行ってみまた。
>>整備士が実践!【車検見積り】比較で一番安い車検はここ!