車検代行業者を活用する

スポンサードリンク

車検代行業者を活用して車検費用を安くする。

スポンサードリンク

 

車検費用を一番安くする方法は、自分で行う「ユーザー車検」で、この場合でしたら、「自賠責保険」、「自動車重量税」、「検査手数料」の法定費用のみで車検費用を終わらせることが出来ます。

 

その次の安くする方法がこの「ユーザー車検代行業者」に依頼する方法で、車検費用的には、「法定費用」+10,000円前後位で安い所は行ってくれます。ただし注意が必要なのは、通検のみを目的としており、基本的に24ケ月点検も整備もすることが出来ません。これは法定点検は、その車のオーナーか認定工場しか行えない事になっているからです。

 

業態的には、「ユーザー車検代行」の専業店とガソリンスタンドや洗車専門店などで「第二の収益源」的に取り組まれている店舗も多くあります。特に「第二の収益源」的な取り組みの業者では本業は別にあって、そちらのお客様のサービスの一環としてとらえて、利益は二の次で「激安」的な店舗もあります。価格を重視するのであれば、このような店舗を探すのが有効です。

 

「ユーザー車検代行」専門業者の場合は、提携の修理工との連携が出来ている所が多いので、上記の様な「激安店」と比べると、安心できる部分はあると思いますが、提携工場に依頼した整備分が加わると、本来の「ユーザー車検代行業者」=低価格といったメリットが低下してしまいます。

 

車検が新車から2回目以降であったり、年間の走行距離が1万キロ以上走る方など、整備の必要性がある車でしたら「認証工場」又は「指定工場」での車検を受けるようにして、値段を出来るだけ安くしてもらうようにお願いしましょう。

 

以上を踏まえて、ユーザー車検代行業者をお勧めできるのは、初回車検の方走行距離が3万未満の方ですが、整備にある程度自信がある方はその限りではありません。

 

2回目以降の車検で4万キロを超えてきた車であるなら、一般の方には価格を優先されるのでしたら「車検専門フランチャイズ店」又は「認証・指定工場」をお勧めします。理由は、追加整備の必要がある場合は上記に記載したように、「提携工場」への依頼の形になるので、割高になってしまうからです。

整備士の管理人も使用して納得!101,250円の車検費用が57,990円になった!

【楽天車検】

【カーセンサーnet】

【楽天車検】は「楽天株式会社」が運営する車検見積りサイトで全国各地の認証、指定工場からガソリンスタンド、車検専門フランチャイズ店まで、検索できる工場の豊富さが特徴です。


見積りの上、車検を実施すると楽天スパーポイントが500ポイントもらえます。依頼先によっては1500〜3000ポイントに増額の場合も!

詳細は整備士も驚き!車検が43,260円も安く!

今すぐ【楽天車検】で見積りの方はこちら!

【カーセンサーnet】は「リクルートグループ」が運営する車検見積りサイトで、全国各地のサービスステーションから大手車検専門店まで幅広い業者が登録されているのが特徴です。


依頼の後に見積りと来店を勧めるメールが来ましたが、お断りの返信をすると、それ以上の営業はありませんでした。

詳細は整備士も納得!車検が42,110円も安く!

今すぐ【カーセンサーnet】で見積りはこちら!

管理人が実際に【車検見積り】を行ってみまた。
>>整備士が実践!【車検見積り】比較で一番安い車検はここ!