車検の交換部品を見極める

スポンサードリンク

交換部品を見極めて車検費用を安くする

スポンサードリンク

 

車検の時点での、車の走行距離が長かったり、車齢の年数が経っていると、交換部品がかさみ、車検費用が高くつくのが一般的ですが、交換部品の考え方は、ディーラーや修理工場の考え方、メカニックの考え方、お客様の要望などにより、本当の正しい交換の時期は無いと言っても過言ではありません。同じ車でも、ユーザーの使用パターンであったり、運転する方のクセで、消耗の仕方も違うからです。

 

例えば、私は以前、ホンダのビートに乗っていましたが、80,000k走行で手放す時点で、クラッチは一度も交換しませんでしたし、現在の車はAT車ですが、走行80,000kを超えた現在でも、フロントのブレーキパッドは一度も交換したことがありません。

 

これは私自身が車を運転する際に「半クラッチは極力使わない」、「急発進はしない」、「急ブレーキはかけない」、「坂道の下りではエンジンブレーキを使い、フットブレーキは最小限にする」といた運転を心がけているからです。しかし、半クラッチを多用する方は20,000kも超えないうちに、クラッチディスクを交換したり、フットブレーキをよく踏む方は、30,000kでフロントのブレーキパッドを交換するケースも出てきます。

 

ポイントは次回の車検までに交換が必要になりそうで、今回の車検時に交換しておいた方が、途中の一般修理の時より交換工賃が安いかどうかです。例えばタイミングベルトの交換などでは、一般整備で入庫の時と車検整備で追加で交換する時では、ほとんどの場合、車検時の方が、タイミングベルトの交換工賃は安くしてくれます。

 

そこで、ここでは私が考える、ユーザーの立場に立った、得する部品の交換の仕方をご紹介します。

 

ブレーキパッド

前回の車検から今回の車検までの走行距離と、認証、指定工場で前回車検を受けている場合は、前回の車検時の点検記録簿の残溝と現在の残溝から判断して、交換するかどうかを判断しますが、工賃が一般整備の時でも変わらない様であれば交換を見送り、「キー」という交換の時期を知らせる音が鳴った時点で交換しても大丈夫です。しかし、音で判断するのに自信がなければ交換しておきましょう。

 

タイミングベルト

100,000kが一般的な交換の指定距離です。まだしばらくは乗り続ける予定で、次回の車検までにこの距離数を超える場合は交換しておきましょう。一般的に車検でセットにしておいた方が割安ですし、タイミングベルトが切れると最悪の場合エンジンが大破します。出来ればこの時にウォーターポンプも一緒に交換をおすすめします。
100,000kを超えそうでも、乗り換えが決定している場合は、交換しなくても良いでしょう。タイミングベルトの交換は高額ですし、100,000kで必ず切れるものでも無いからです。

 

ファンベルト

最近のファンベルトはVベルトからリブベルトの変わり、劣化したからと言って、昔の様に切れてしまうことはほとんどなくなりましたが、ゴムが劣化して固くなると、エンジンを始動してしばらくの間に「キュルキュル」と音が鳴るようになり、酷くなるとエンジンが温まっても音が止まらなくなります。この部品も消耗品で、車検の時の方が、工賃は安くなる場合が多いので、ヒビが発生していれば交換をお勧めします。

 

タイヤ

車検の時点で、残溝が1.6ミリ以上(スリップサインで分かります。)あれば、交換しなくても大丈夫です。工場の判断、検査場の検査官にもよりますが、結構「このミゾの山でも車検が通るのか」と思うことも多くありますし、車検の時でなくても、安い値段で交換をするチャンスはいくらでもあるからです。

整備士の管理人も使用して納得!101,250円の車検費用が57,990円になった!

【楽天車検】

【カーセンサーnet】

【楽天車検】は「楽天株式会社」が運営する車検見積りサイトで全国各地の認証、指定工場からガソリンスタンド、車検専門フランチャイズ店まで、検索できる工場の豊富さが特徴です。


見積りの上、車検を実施すると楽天スパーポイントが500ポイントもらえます。依頼先によっては1500〜3000ポイントに増額の場合も!

詳細は整備士も驚き!車検が43,260円も安く!

今すぐ【楽天車検】で見積りの方はこちら!

【カーセンサーnet】は「リクルートグループ」が運営する車検見積りサイトで、全国各地のサービスステーションから大手車検専門店まで幅広い業者が登録されているのが特徴です。


依頼の後に見積りと来店を勧めるメールが来ましたが、お断りの返信をすると、それ以上の営業はありませんでした。

詳細は整備士も納得!車検が42,110円も安く!

今すぐ【カーセンサーnet】で見積りはこちら!

管理人が実際に【車検見積り】を行ってみまた。
>>整備士が実践!【車検見積り】比較で一番安い車検はここ!