普通車の車検

スポンサードリンク

普通車の車検

スポンサードリンク

 

普通自動車の車検期間は、新車の初回が3年目に受け、その後は毎年2年のサイクルで、継続検査を受けて更新をしていくことになります。以前は新車の場合も、最初から車検期間が2年で、新車登録から10年を経過すると、車検の期間が毎年(1年)に短縮されていましたが、平成7年7月からは現在のように、10年を経過しても2年の有効期間が認められるようになったのです。

 

自動車検査登録業務の内、軽自動車以外の自動車(バイクを含む)で、普通自動車と呼ばれている車の検査登録を行っているのがそれぞれの区域を管轄している「運輸支局」で、略して「陸事」であるとか「車検場」と呼ぶ場合があります。

 

陸運支局は全国の都道府県に存在し車検の登録業務以外にも、ナンバープレートの発行や、車検証の記載事項の変更(所有者、住所など)の業務も行っています。

 

陸運支局の内、ユーザー車検や認証工場の受験車両の「保安基準」に適合しているかをチェックをするのが検査部門で、「自動車検査独立行政法人」が業務をおこなっています。検査は「検査ライン」と呼ばれる、検査機器を配置したライン上を、受験車両を持ち込んだユーザーまたは車検業者自身が車両を移動させながら、機器の測定、記録を行っていく形になります。

整備士の管理人も使用して納得!101,250円の車検費用が57,990円になった!

【楽天車検】

【カーセンサーnet】

【楽天車検】は「楽天株式会社」が運営する車検見積りサイトで全国各地の認証、指定工場からガソリンスタンド、車検専門フランチャイズ店まで、検索できる工場の豊富さが特徴です。


見積りの上、車検を実施すると楽天スパーポイントが500ポイントもらえます。依頼先によっては1500〜3000ポイントに増額の場合も!

詳細は整備士も驚き!車検が43,260円も安く!

今すぐ【楽天車検】で見積りの方はこちら!

【カーセンサーnet】は「リクルートグループ」が運営する車検見積りサイトで、全国各地のサービスステーションから大手車検専門店まで幅広い業者が登録されているのが特徴です。


依頼の後に見積りと来店を勧めるメールが来ましたが、お断りの返信をすると、それ以上の営業はありませんでした。

詳細は整備士も納得!車検が42,110円も安く!

今すぐ【カーセンサーnet】で見積りはこちら!

管理人が実際に【車検見積り】を行ってみまた。
>>整備士が実践!【車検見積り】比較で一番安い車検はここ!

普通車の車検関連ページ

車検の歴史
軽自動車の車検