車検の歴史

スポンサードリンク

車検の歴史

スポンサードリンク

 

日本における車検制度は、1951年に公布された道路運送車両法に基づいています。その当時の自動車は基本性能も低く、耐久性が無かったためにく、多くのトラブルが発生していた為に、整備士による定期的な検査が必要不可欠でした。

 

現在の車検制度では、自動車の性能向上と規制緩和の中で、車検の間の2年間では大きなトラブルが発生することも少なくなり、新車の初回車検が3年間に延長されたのを始め、少しずつ簡略化の道を進んできました。

 

車検制度は、1995年の制度改正により、「24ケ月点検」の点検項目が「102項目」から「60項目」に大幅に削減され、私がみても「現実的に本当に必要は点検?」と思われる部分が解消されて、現代の車の性能や構造の変化に対応した、より現実的な制度になっています。

 

また、この時にもっとも変わった次項として、事前に点検、整備を行わなくても車検が受けることが出来るようになったことです。それまでは検査前の事前点検と事前整備が必要とされ、このために一般のユーザーはディーラーや民間車検工場に点検、整備をお願いする形になり、車検代金には結構な料金を必要としてきたのです。

 

「24ケ月点検項目の大幅削減」、「事前の点検、整備を行わなくても車検が受けれる」ことの制度改正により、一般の人たちでも車検を受けることが出来る「ユーザー車検」が一気に市民権を得る様になりましたが、それは同時に、「自分の車は自分が責任を持つ」という自己責任という重い責任を果たさなければならないのです。

 

車検を取り扱う業者も「規制緩和」が行われた95年位から飛躍的に増加して、それまでの車検が主にディーラーと修理工場であったのに対し、「ユーザー車検代行業者」、「カーショップ・量販店」、「ガソリンスタンド」など様々な業種が参入して、近年では「車検専門フランチャイズ店」が点検整備を行っても、低価格であることから、取扱台数を飛躍的に伸ばしています。

 

様々な車検を取り扱う業者の中でも、「車検専門フランチャイズ店」に人気がある裏付けとして、管理人がおススメする車検の見積もりサイトで見積もりをすれば、価格順で検索をかけると必ず上位に、この「車検専門フランチャイズ店」が顔を出してくることからも分かるでしょう。

整備士の管理人も使用して納得!101,250円の車検費用が57,990円になった!

【楽天車検】

【カーセンサーnet】

【楽天車検】は「楽天株式会社」が運営する車検見積りサイトで全国各地の認証、指定工場からガソリンスタンド、車検専門フランチャイズ店まで、検索できる工場の豊富さが特徴です。


見積りの上、車検を実施すると楽天スパーポイントが500ポイントもらえます。依頼先によっては1500〜3000ポイントに増額の場合も!

詳細は整備士も驚き!車検が43,260円も安く!

今すぐ【楽天車検】で見積りの方はこちら!

【カーセンサーnet】は「リクルートグループ」が運営する車検見積りサイトで、全国各地のサービスステーションから大手車検専門店まで幅広い業者が登録されているのが特徴です。


依頼の後に見積りと来店を勧めるメールが来ましたが、お断りの返信をすると、それ以上の営業はありませんでした。

詳細は整備士も納得!車検が42,110円も安く!

今すぐ【カーセンサーnet】で見積りはこちら!

管理人が実際に【車検見積り】を行ってみまた。
>>整備士が実践!【車検見積り】比較で一番安い車検はここ!

車検の歴史関連ページ

普通車の車検
軽自動車の車検