車検とは

スポンサードリンク

車検とは

スポンサードリンク

 

車検は道路運送車両法における、新規検査(第58条)・継続検査(第62条)・構造等変更検査(第67条)の各検査において適合しているかをチェックして登録をする制度で正式な名称は「自動車検査登録制度」です。

 

通常、一般に言われている「車検」は「継続検査」のことであり、自家用乗用(軽)自動車は2年に1回(新車は初回は3年)「保安基準」に適合しているかどうかを検査し、自動車検査証の有効期限を延長させる検査のことを言います。

 

車検の主な目的は、不具合車の排除して、自動車社会の健全性と環境破壊を防止するとともに、ユーザーに点検と整備の必要性を啓発する「安全性」の面と、重量税の徴収や自賠責保険の加入の義務づけなどにより「合法性」を証明する面があります。

 

「合法性」の部分で申し上げますと、毎年の「自動車税」が未納であると車検を受け付けてもらえませんし、平成16年に公布された改正道路交通法により、放置違反金等に係る督促状を受け取った人は、放置違反金等の未納を解消した事を証明する書面を提示しなければ、自動車検査証の返付(検査に合格しても車検証を交付されない)を受けることができなくなています。

 

尚、ディラーや修理工場に車検を依頼をすると「24カ月点検」という点検と「車検整備」がおこなわれるのが一般的になっているので、「車検」=「24カ月点検・整備」と思われている方は多いと思いますが、本来は車検を受ける時点の車の状態が「保安基準に適合しているか」をチェックするための検査で、以前は「前整備」と言って「車検(継続検査)」を受ける前に、「点検整備」をしなければ受験できなかったことが原因で、そのような印象を持たれる様になったのです。

 

現在は規制緩和により「後整備」と言って、整備前の状態で車検を受ける事が可能となっており、車検の後で整備をしたり、消耗部品や定期交換備品などを交換することが可能となっています。

 

以上のことから、車検=「次の車検までの車の安全性を保障するもの」との認識ではなく「その時点で車が保安基準に適合している状態」と認識してください。ですから、車検が終了して間が無いからと言って、全く故障の心配が要らないとの考えは改めましょう。

車検とは記事一覧

車検の歴史

日本における車検制度は、1951年に公布された道路運送車両法に基づいています。その当時の自動車は基本性能も低く、耐久性が無かったためにく、多くのトラブルが発生していた為に、整備士による定期的な検査が必要不可欠でした。現在の車検制度では、自動車の性能向上と規制緩和の中で、車検の間の2年間では大きなトラ...

≫続きを読む

普通車の車検

普通自動車の車検期間は、新車の初回が3年目に受け、その後は毎年2年のサイクルで、継続検査を受けて更新をしていくことになります。以前は新車の場合も、最初から車検期間が2年で、新車登録から10年を経過すると、車検の期間が毎年(1年)に短縮されていましたが、平成7年7月からは現在のように、10年を経過して...

≫続きを読む

軽自動車の車検

軽自動車の車検期間は、新車が初回に3年目(4ナンバーは2年)に受けた後は、毎年2年ごとの継続検査を受けて行く形となりますので、普通自動車の車検と同じ期間になります。軽自動車の分類には、排気量660cc以下の四輪自動車と125cc超250cc以下の二輪自動車があり、このサイトでの軽自動車の車検について...

≫続きを読む

整備士の管理人も使用して納得!101,250円の車検費用が57,990円になった!

【楽天車検】

【カーセンサーnet】

【楽天車検】は「楽天株式会社」が運営する車検見積りサイトで全国各地の認証、指定工場からガソリンスタンド、車検専門フランチャイズ店まで、検索できる工場の豊富さが特徴です。


見積りの上、車検を実施すると楽天スパーポイントが500ポイントもらえます。依頼先によっては1500〜3000ポイントに増額の場合も!

詳細は整備士も驚き!車検が43,260円も安く!

今すぐ【楽天車検】で見積りの方はこちら!

【カーセンサーnet】は「リクルートグループ」が運営する車検見積りサイトで、全国各地のサービスステーションから大手車検専門店まで幅広い業者が登録されているのが特徴です。


依頼の後に見積りと来店を勧めるメールが来ましたが、お断りの返信をすると、それ以上の営業はありませんでした。

詳細は整備士も納得!車検が42,110円も安く!

今すぐ【カーセンサーnet】で見積りはこちら!

管理人が実際に【車検見積り】を行ってみまた。
>>整備士が実践!【車検見積り】比較で一番安い車検はここ!